風しん対策の基礎知識

風しんとは??

風しんウイルスによっておこる急性の発疹性感染症で、主な症状として発疹、発熱、リンパ節の腫れが認められます。ウイルスに感染しても明らかな症状が出ることがないまま免疫ができてしまう(不顕性感染)人が15―30%程度いると言われており、風しんにかかった人が知らないうちに、同居の家族や職場などの周囲の方にウイルスをうつしてしまう可能性があります。
(出典:国立感染症研究所ホームページ(一部加工))

風しんは感染力が強く、1人の患者から免疫がない5~7人に感染させる可能性があり(インフルエンザでは1~2人)、特に成人で発症した場合、高熱や発しんが長く続いたり、関節痛を認めるなど、小児より重症化することがあります。
風しんは、風しんウイルスを含んだ飛まつ(咳やくしゃみ、会話、発語などで飛び散るしぶき)を吸い込んで感染します。

風しんは子どもの病気と思われがち。実は、子どもよりも大人の間で風しんの感染が広がっているため、近年では大人も注意が必要なのです。
(出典:厚生労働省ホームページ(一部編集))

先天性風しん症候群とは??

免疫のない女性が妊娠初期に風しんにかかると、風しんウイルスが胎児に感染して、出生児に先天性風しん症候群(CRS)と総称される障がいを引き起こすことがあります。
CRSの3大症状は先天性心疾患、難聴、白内障です。このうち、先天性心疾患と白内障は妊娠初期3ヶ月以内の母親の感染で発生しますが、難聴は初期3ヶ月のみならず、次の3ヶ月の感染でも出現する症状です。しかも、高度難聴であることが多いとされています。
(出典:厚生労働省ホームページ)

先天性風しん症候群を持った赤ちゃんがすべての障がいを持つとは限らず、これらの障がいのうちの1つか2つのみを持つ場合もあり、気付かれるまでに時間がかかることもあります。妊娠2ヵ月頃までは目、心臓、耳のすべてに症状を持つことが多いですが、それを過ぎると難聴と網膜症のみを持つことが多くなります。妊娠20週以降では「異常なし」が多いと報告されています。(出典:厚生労働省ホームページ)

20代以上(特に男性)は要注意!

平成25年度の国の調査では、20~40代の男性の約12.3%(20代 約6.1%、30代 約15.8%、40代 約16.3%)が風しんへの抗体を持っていませんでした。この約12.3%という数は他の年代よりも高い割合であり、風しんの抗体を持っていない女性よりも多い数字になります。平成2年4月2日以降に生まれた人は2回、ワクチンを受ける機会がありましたが、それより年齢が上の人は受けていても1回。そして、昭和54年4月1日以前に生まれた男性は1回もその機会がなかったのです。(出典:厚生労働省ホームページ)

九都県市共同での風しん対策について

九都県市では、風しん予防の取組みを進めるとともに、風しん撲滅に向け、九都県市による効果的な共同実施の取組みについても検討を行っています。

【風しん予防啓発映像】

《職場編》もしかしたら、あなたも・・・風しん予防対策は職場から

風しん抗体検査について

九都県市、九都県市内の保健所設置市、特別区では、先天性風しん症候群の予防のために、主として妊娠を希望する女性を対象に、風しんの抗体検査(免疫の状態を調べるための血液検査)を無料で実施しています。 妊娠中の女性は風しん予防接種を受けられないため、これから妊娠を希望する女性の方で、予防接種を受けているか不明な方、風しんにかかったことが確実でない方は、この機会に風しんの抗体検査をご検討ください。 その結果に応じて、医師と相談の上、予防接種をご検討ください。風しんの予防接種は、はしか(麻しん)も一緒に予防できる「麻しん風しん混合(MR)ワクチン」をお奨めします。 なお、抗体検査実施の有無、対象者、実施期間等は自治体により異なりますのでご注意ください。
(出典:厚生労働省ホームページ(一部加工))

九都県市共同での風しん対策について>>

過去の取組みはこちら